パリの美術館探訪記

| トップ | パリのお勧め現代美術館 | 美術館フリーパス | リンク集 |

「芸術の都」フランスのパリには、ルーヴル美術館、オルセー美術館をはじめとして数多くの・・・本当に多くの!・・・美術館があり、そのひとつひとつに、美術の教科書に載っているような著名な作品が収められています。

フランスのなかでも、パリの美術館だけをみても、次のような美術館があります。
●ルーヴル美術館・・・古代から19世紀半ば2月革命までの作品
●オルセー美術館・・・2月革命以降、印象派中心。
●オランジュリー美術館・・・モネや印象派の画家の色彩あふれる美術館。「睡蓮」など。
●国立近代美術館・・・ポンピドゥー・センターのなかにあり近代美術の作品を展示。
●ジュ・ド・ポーム国立ギャラリー・・・もと印象派の美術館だったものが、現代美術館として再オープン。
●プティ・パレ・・・グラン・パレと通りを挟んで対になって建てられています。グラン・パレが科学博物館、展示場なら、プティ・パレは、印象派やレンブラントなどの常時展示がされています。
●ロダン美術館・・・もともとロダンが住んでいた居城。中庭を散策しながら、「考える人」に出会えます。
●ギュスターヴ・モロー美術館・・・モローの作品を展示。彼の幻想的な絵画を展示するのにぴったりな?ちょっぴりいわくありげなこぢんまりとした美術館。
●ピカソ美術館・・・新しくパリにオープンしたピカソのための美術館。膨大な彼の作品や、資料に会えます。
●ブーデル美術館・・・ブールデルの彫刻が木々の合間に置かれる美術館。
●マルモッタン美術館・・・オランジュリー美術館同様、モネ好きにはぜひ訪れていただきたいモネの美術館。「睡蓮」は必見!

エルミタージュ美術館

フランスのパリにあるルーヴル美術館にも匹敵するといわれる美術館が、ロシアの「エルミタージュ美術館」です。

エルミタージュ美術館は、ロシアのサンクトペテルブルグにあります。ここは、パリと同様、芸術の都として名高く、芸術の北の古都と呼ばれています。
主な所蔵作品には、レオナルド・ダ・ヴィンチの「聖母ブノワ」や、同じくレオナルド・ダ・ヴィンチによる「リッタの聖母」、そしてゴッホの「夜の白い家」も有名ですし、マレーヴィチの「黒の正方形」も必見です。

レオナルド・ダ・ヴィンチといえば、ルーヴル美術館に「モナ・リザ」があります。まずはパリで「モナ・リザ」を観て、その感動をさらに高めるために?今度は、ロシアへ行き、エルミタージュ美術館で「聖母ブノワ」や「リッタの聖母」をじっくり堪能しよう、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

絵画は、現在、同じ画家のものでもその出生地や作品を生み出した土壌とはまったく違う土地へ「お嫁入り」しています。好きな画家の、あるいは芸術思潮の作品を求めて、世界を回る・・・すばらしく贅沢な、幸せな旅となるでしょう。

エルミタージュ美術館は、世界に分館をもっています・・・オランダ・アムステルダムの「アムステルダム別館」、イギリス・ロンドン・サマセット・ハウス内にある「エルミタージュルーム」、そしてアメリカ・ラスベガスには、「グッゲンハイム・エルミタージュ美術館」があるのです。
大御所であるロシアのエルミタージュ美術館を訪れたら、次にこれらの分館を回ってみるのもいいですね。